スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの・・

娘は 今日から7日まで海外旅行

息子は 仕事で帰ってこれない

私と夫は 明日から旅行


わんこは 実家で預かってくれる
父と妹が 面倒をみてくれることになった



GWは 毎年 家族で旅行してた
えっと・・
それは いつまでだったかな
忘れてしまった

気が付けば
みんな それぞれに 好きなように過ごしている


私の手を いつも ぎゅっと握って離さなかった
あのちいさな手は もうとっくにない

同じ景色を観て
同じものを食べて
一緒に寝て 一緒に起きて
笑って 感動した

あの記憶は もう 遠い昔の事だ



いつの頃からか
みんな それぞれの道を 歩き出し 前に進んでいる

過去の世界に 何度も行っているのは 私だけ・・



娘が 私と夫の結婚記念日のプレゼントに
今回の旅行を企画してくれた

もう あの ちいさな手はないけど
夫と腕を組んでみようか

なんてね


では、しばらく ブログはお休みします


ランキングに参加しています。
頑張れよって 応援お願いします。



にほんブログ村


にほんブログ村

ピーちゃんこさん、ありがとう。
私は夢中になるとそこしか見れなくなって周りがわからなくなる。
まぁ、空気が読めないってやつかな。
でもこうやって文章に書けるようになったのは
ある意味自分の事を理解出来るようになったからだと思うんだ。
スポンサーサイト

人間失格

2年くらい前に
知り合いに誘われて あるサークルに入った

とてもいい人たちばかりで
気さくに声をかけてくれる
すぐに数名の人と仲良くなった

でも
私には 気になる人がいた
明らかに 周りの人たちとは違う
センスがよくて美人で都会的で 話す内容もオシャレだ
彼女の周りには キラキラに輝くオーラがあった


他の人から話しかけられても
私の目は いつも彼女を追っていた
でも 自分から近寄る事なんて出来ない

そんな彼女から 声を掛けられた
携帯番号を交換して ラインも教えてもらった
夢のようだった
有頂天になった私は 毎日のように彼女にラインした

彼女は 私が想像していた通りで
優しくて とても素敵な女性だった
私が わんこの話をしたら
手作りの わんこのベットを作ってくれた

それから 私の贈り物の攻撃が始まった
彼女は遠慮していたけど
なんとか彼女の気を引きたい私は
ある意味 強引に 執拗になっていた


彼女は
気が付いた
私が異常であることに・・


そして 私から離れた
私の中の執着心が 顔を出して暴れだす

彼女を追いかける
逃げようとすればするほど 私は止まらない

「どうして?私のどこが悪かったの?」

電話と ラインの攻撃
それは 間違いなくストーカーの行為だ

彼女は 私の事を
話をしてもわからない人間だと思ったのだろう
彼女の周りの取り巻きの人たちと一緒になって
私の事を避けて無視をするようになった

勿論 電話もラインも拒否設定された


私は 居たたまれず サークルを辞めた
そして 長い「鬱」に入った

彼女は あの時 凄い恐怖でいっぱいだっただろう
何をされるかわからない
もしかしたら 私が命を絶つかもしれない
きっと 怖かったに違いない


この病気のせいで
今まで たくさんの人に迷惑をかけてきた

そのたびに人間不信になり
人と接するのが怖くなった


贅沢は言わない
当たり前の人間になりたい
望んでるのは ただそれだけ・・


ランキングに参加しています。
頑張れよって 応援お願いします。



にほんブログ村


にほんブログ村

ピーちゃんこさん、色んな事に気づけるようになった私は
かなり進歩していると思うんだ。
今日の記事をこんなふうに書けるのもそうじゃないかな。

やっぱり無理

お天気がよくて 暑いくらいの日曜日

娘は 朝から出かけてしまった
なので
夫と2人で 簡単に朝食をとり
私は 洗濯したり 片付け物したり


夫は 外に出ると 車を洗い始めた
どうせまた 自分の車だけ洗うんだろう
と 思っていたら
私の車と 娘の車も洗うと言う

そんなこと言われると
なんか悪いような気がして
「何か手伝おうか?」と言うと断られた
たぶん 最近 私が腰が痛いと言っていたから
思いやり? かもね


夫が 洗車している横で
私は 庭の草取りをした
わんこは 芝生の上で 気持ちよさそうに寝ている
時々 ゴロンと仰向けになって 手足を広げている

気持ちいいよね
わんこの姿を見て微笑む

冷たいアイスコーヒーを 夫にやって
私も椅子に座って飲んだ
冷たいコーヒーが 喉を流れる

空を見上げた
青空が眩しい
目を閉じた

あ、ダメだ
クラクラする
限界だ


夫が 洗車が終わったら どこかに行こうか?
と 誘ってくれたけど
「ごめん、無理」って断った

家の中に入って ソファに横になる
やっぱり 太陽の眩しい日差しは苦手だ

こんな お天気のいい日は
きっと どこに行っても 人で溢れかえっているだろう
人混みは無理


体調が 少しばかりよくなって
これから 何かを始めようかな
色んなところに出かけてみたいな

そんな事を言ってたくせに
こうも簡単に 意志が崩れる


でも
自分で 気が付いてないだけで
私は 短時間でも 幸せを感じていた

夫が洗車してくれた
どこかに出かけようか?って誘ってくれた
わんこに癒された
アイスコーヒーが とても美味しかった


幸せは 身近なところにもある
まず そういう事を 気が付ける人になりたい

じゃないと 私は また人間関係で失敗するだろう

焦っちゃダメだ


ランキングに参加しています。
頑張れよって 応援お願いします。



にほんブログ村


にほんブログ村

ピーちゃんこさん、だよね。私も春が好き。
あったかいとワクワクするけど外が苦手でさ。
でも景色がよくて人があまりいないような場所はいいなぁ。

鍵コメ ぽ**さん、あはは。同感!!
お金はたくさん欲しいけど、あって困るのはストレスとゼイ肉だね(笑)
そうだね。先の事を考えたって仕方がない。今を大切にしよう。

私の中で変化が起きてる?

最近 ちょっと調子がよくなって
前向きになってる?
私・・

ブログのおかげかな
薬のせいかな

本当に 私の中で 何かが変わってる?


いや
ここは 慎重に、落ち着いて
そうだよ
私は 私自身を 信用してないからね


私は 双極性障害という病気を持ってる
症状は軽いけど 油断は出来ない
昔から そのために たくさんの失敗を繰り返してきた

心の浮き沈み
特に 「躁」の状態になったら危険だ

自分は何でも出来る
何かをやりたい、やってみたい
私は他の人とは違うから
だから馬鹿にするなよ


私の中の 知らない誰かが 表に現れて暴れだす
私には出来ない事はないと自負する

そうして
今まで たくさんの人を傷つけてきた
たくさんの人を失ってきた

気が付くと 人間不信になり 自分自身も怖かった
自分という人間が大嫌いだ


私は 今 「躁」の状態にいるのかな
それとも
本当は 病気がよくなって 前に進んでいるのかな

どっちだろう


先日 心療内科の先生と話をしていたら
「すぴかさん 頑張りましたね、いい方向にいってますよ」
と 言われた

私は 「躁」ではないですか?
と 聞いたら 先生は言った

「すぴかさんの話してる 『声』が違うから」

先生の言う事を 信用しても大丈夫かな
こんなことを考えてる私は 本当に嫌いだ


でも
いつもみたいに 攻撃的にならない
イライラしない

やっぱり私は 変わってきてるんだよね
ね、
自信持ってもいいよね


ランキングに参加しています。
頑張れよって 応援お願いします。



にほんブログ村


にほんブログ村

ピーちゃんこさん、うん。私も頑張って仕事を続けてみようかな、
って思ってた。
勿論、お金も必要だし、辞めると引きこもりになりそうだしなぁ。

仕事の引き際

今の会社に勤めて 結構長い

私は 初めて入った会社で 大失態をして辞めた
大失態というか
やってはいけないこと、ある意味犯罪だ

子供すぎた私は たくさんの人たちに迷惑をかけた


そんな私は
今の会社が とても居心地がよくて
気が付いたら 20年以上も働かせてもらっていた

いつしか 「お局様」と呼ばれ
男性社員とも対等に仕事が出来るようになり
大きな会社じゃないので
大事な仕事も任されている


お給料も結構貰っている
お陰様で 子供2人を大学に行かせることが出来たし
マイホームも建てた
決して裕福ではないけど
お金で困ったことはない

贅沢をしてこなかったというか
お金を遊びに使う事があまりなかった

夫は パチンコは たまにするけど
仕事人間だし

私は
病気のせいで 引きこもりが多くて
休日も 家で ボーっとしてばかりだった


最近 体調が 少し良くなって
ちょっとばかり 欲が出てきた
「何かを始めてみようかな、やってみようかな」
そんなことも思ったりしている

老後のために お金を貯めるのは 大事なことだけど
今じゃなくちゃ出来ない事もある

例えば 旅行とか 習い事とか
具体的に 何をしたいって考えはないけど
そういうのに お金を使ってもいいかな
なんて思うようになった


仕事も
ずっと働くか迷ってる
定年は 65歳、あと10年以上はある
そのあと パートに切り替えて 70歳までは働ける

上司からは ずっといてもらっていいですよ
って 言われているけど
本当に 有り難いことだけど
まぁ、身体が持てばの話になる

今の私には とてもそれまで働く自信がない
それに
いつまでも こんなおばさんを使っているより
若いお姉さんに来てもらった方が
会社としてもいいと思うし


仕事の引き際って悩むな・・

私は 仕事という逃げ場所があったから
精神的にも助かったところもある

今度は その場所を 違う所に変えることが出来るかな


ランキングに参加しています。
頑張れよって 応援お願いします。



にほんブログ村


にほんブログ村

ぴーちゃんこさん、そうなんだよね。
想い出にして現在を精一杯生きるのが理想なんだけど
なかなか吹っ切れることが出来なくて。難しいな。


チャコさん、私はこのブログを始めてチャコさんと知り合って
本当によかった。これは運命?
自分を取り戻したくて日記を付けるつもりで始めたブログだけど
チャコさんから色んな事を教えてもらった。
色んな事を気づかせてもらった。
また人を信じられるようになったのは
チャコさんから初めてもらったあのコメントがきっかけだよ。

プロフィール

すぴか

Author:すぴか
笑ったり泣いたり怒ったり時には叫んだり。
そんな私の毎日を綴っています。
軽度の双極性障害で通院中です。

ランキング
ランキングに参加しています。               応援よろしくお願いします。

にほんブログ村                                               
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
フリーエリア
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。